ロネ・ソレンセン(現在スペインで活躍中)が開発した画期的なセラピー
フェイシャルリフレクソロジー
リフレクソロジーは足裏と考え勝ちですが足だけではありません。顔・手・耳などにも身体全体の臓器が反射投影されています。
フェイシャルリフレクソロジーは、身体の中でも中枢神経に最も近い顔に存在する臓器の反射区から不調の原因を捉え、神経ポイント、経絡などを巧みに刺激し、心と体を健康へと導いていくホリスティックな補完療法です。

ソレンセン女史は反射学、解剖学に加え中医学、アメリカインディアンのゾ−ンチャートと現代の神経解剖学を組み合わせ、この画期的なセラピーを編み出しました。
リラクゼーション効果はもちろんですが、海外では自閉症、学習障害、脳障害にも効果が認められています。更年期障害、自律神経失調症など内分泌系の働き低下による様々な症状にも効果がみられています。
コスモリフティング
フェイシャルリフレクソロジーのエステティックバージョンです。
お顔のリフトアップを目的とし、リフトに有効な経絡やツボを刺激しながら表情筋のストレッチを行います。従ってお顔を美しくすると同時に体内の血液、リンパ、気の流れを活発にし、ホルモンの分泌を良くします。材料はすべて自然のものを使用しています。

ミオネラルが豊富なホワイトクレーでクレンジング、お肌に必要なビタミンを豊富に含んだローズヒップオイルでトリートメント、お肌をひきしめるリフティングマスク、最後はソルトボールでお肌を冷却すると共にミネラルを補給します。
メニューページに→戻る